中古ゴルフクラブの買取・ドライバー

今回は中古ゴルフクラブの買取がテーマです。

ドライバーなどのもう使用しなくなったゴルフクラブがずっとお蔵入りしている方は、たくさんいらっしゃることでしょう。

これは多くのゴルファーがかかえている経験だと思います。新発売のモデルのゴルフクラブをその都度購入して、我に返ると使用しないゴルフクラブが複数セット存在するなんてゴルファーも少なくないでしょう。

家にゴルフクラブをそのまま放置していても、おき場所に困るだけで何の役にも立ちません。ドライバーなどを未使用にすることはとてももったいないと感じませんか。

そんな時、もしも不要になっただけのゴルフクラブを中古品のゴルフクラブを扱う販売店に持ってけば、意外に高価で買い取ってくれるかもしれませんよ。

けれどもゴルフクラブを高く売るためには、それなりのポイントがあります。ポイントは、自分が所持しているゴルフクラブが人気のあるモデルシリーズなこと。

その上、人気の高いスペックモデルであればかなり高く買い取ってくれるのです。それに、持ち込む時期も大切なポイントです。

もうこのゴルフクラブは使わない、ドライバーは要らないと思ったら、即座に売りに出掛けましょう。

発売からそれほど時間が過ぎていないクラブセットほど、当然ながら高く売れるのです。

例外的に時間が経つにつれ、ビンテージ度が上昇するゴルフクラブも皆無ではありませんが、こうした例は非常に稀です。

多くのケースでは、時間が経つにつれて買取価格が下落してしまいます。

中古のドライバーなどのゴルフクラブは一般的には型が旧式になって、グレードが下がれば価格もそれなりに比例して落ちていきます。

スポンサード リンク

そうは言っても、メーカーブランドやモデルシリーズ、ゴルフクラブのスペックなどで、その価格の落ち方には大きな差が出ます。そういったポイントも検討してみてみるといいでしょう。

当然ですが中古のゴルフクラブを売る直前にしておいた方がいいことは、ゴルフクラブをきれいに拭き、多少でも見栄えの良い状態にしておくことは大切です。

これをすることで、買取価格に思った以上の差が出ることもありますよ。

最近ではインターネットの普及によってヤフーオークションやアマゾンでの個人販売(知っている方は意外に少ないようです)でも中古モデルを処分することも可能でしょう。

ドライバ-の買取賞味期限

ゴルフショップに関しては中古クラブを扱うというよりもアウトレツトショツプ化している動きが見られますが人気はそれほど高くなのかもしれません。

中古ゴルフクラブの市場はここ数年、これまでとはかなり違った動きがます。その一つは、中古ゴルフクラブショップのアウトレットショップ化がしれです。

中古ゴルフショップなのに、たくさんの新品モデルが並んでいるショップにしているのを目にしている方もこのサイトをご覧の方の中にもいるのではないでしょうか。

そうした新品のゴルフクラブは、ユーザーが買取目的でショップに持ち込んだものではなく、大部分は新品クラブを中心に扱っている系列のゴルフ店から流れてきたものですが、そうした売り方はそれほどうまくいっていないという話もあります。

その理由は、新品を扱うショップから中古のゴルフショップに入ってくるゴルフクラブは、新品ショップでは得ることのできなかった商品だからです。

新品なのに売れ行きの良くないゴルフクラブということは、もともと人気が高くないメーカーの不人気モデルのケースが多いようです。

また、パワーヒッター向けの仕様のはずのドライバーなのにロフト角10.5度のRシャフトといった規格の購入されるゴルファーがあまりいない、売れ残り商品が中心であるためです。

スポンサード リンク



こうした、いわばアウトレットショップとしか見えないような中古クラブの取扱店は、本来販売するはずの中古クラブの売買の比率が落ちて、中古ゴルフクラブを探そうとする人にとっては魅力が感じられないお店になっています。

現在、中古のゴルフクラブ店として人気があるのは、従来通り積極的に中古クラブの買取を行なっている本来の商売のやり方に熱心なお店だけのようです。

そうしたお店では展示されたゴルフクラブの早く回転するのでく、いつ出掛けても新しく入ったモデルが並んでいるので、購入側からすると魅力的なクラブに可能性の高いショップです。

これから、中古品のゴルフクラブの購入を検討するのであればそうしたお店が近くにないかしっかりと調査しましょう。

ドライバーの買取対象

中古のゴルフショップの経営の仕方から見れば、その他にも大きな動きがすでに見られます。それはクラブの買取に関する変化です。

昔であれば10年ほど前のモデルでも買い取るショップは存在しましたが、近年の傾向としてはドライバーの場合、発売年から3年ほどまでのモデルしか買取の対象ではなくなりました。

これからゴルフクラブを売りたいと考えている立場からするとゴルフクラブの賞味期限が非常に短くなっているのが現状です。

今では10年前のモデルは買取対象としてはみてもらえず、廃棄処分のゴミと同様の扱いになっていると考えて方が良いようです。

実際にショップに足を向ければわかることですが、7~8年前のドライバーならば店内の片隅に無造作に積み上げられていて、購入者からは見向きもされない状態になっていることでしょう。

そうした傾向を理解していないとゴルフクラブの買取を期待していても的外れになる可能性もあります。

持っているドライバーを下取りしてもらい新しく発売されたモデルに入れかえたいと考えている人は、2年くらいのスパンでドライバーを売って新しいクラブを買うというのが常識化してきています。

中古買取価格の値下げのタイミング

スポンサード リンク



中古ドライバーの売買が活発な期間が短くなったのと平行して始まっているのが中古価格の下落のタイミングが早くなってきていることです。

例えば2013年発売のテーラーメイドのドライバーは、少し以前であれば4万5千円~2万9千円位でしたが、それが1万9千円~1万千円と半値以下にまで下落しています。

中古で販売されている価格については単純にどれくらい前のモデルなのかだけではなく人気も大きな要因になるため、すべてのモデルが1年で大きく価格が下げるわけではありません。

しかし、人気の高いダンロップのゼクシオセブンでも、4万2千円~2万7千円という中古の販売価格から3万円~1万8千円と、3割くらい下がっているので、ことドライバーに関しての中古価格下落は人気商品にまで広がっているようです。

手持ちのドライバーを売ることを検討している立場であればこうした傾向は厳しいところがありますが、中古クラブを購入する側から見れば比較的安い価格で入手できるという嬉しい状況なのが昨今の中古クラブ市場です。

今発売されたモデルでも2年待つか、モデル次第では1年で半値で購入できるケースもあるので上手な買い物をしたにであれば、あせらずに安くなったタイミングをうまくとらえる方が良いでしょう。

ドライバー意外の買取期限を知っておく

中古のゴルフクラブショップから見たドライバーの買取期限は以上のようによくて3年ほどといった状況ですが、どのゴルフクラブもすべてがそうとは限りません。

パターに関しては比較的買取期限が長いと言われており、インターネットで中古ショップの在庫を調べてみると10年ほど前のモデルでも商品として取り扱われているのがわかることでしょう。

たとえ、古いパワーでも外観上問題がなければそれなりの買取査定がつくといわれています。

パターほど長くはないせよアイアンも買取期限は長めのゴルフクラブで、ウェッジやフェアウエーウッド、ユーティリティーといった他のゴルフクラブに関しても5年程度前のモデルでも査定がつきます。もちろん、程度次第ですが。

スポンサード リンク



見方を変えると、下取り査定のつくジャンルのゴルフクラブは廃棄処でゴミ同様の扱いされにくいものといえるでしょうし、ドライバーのように極端な価格低下の心配の少ない種類だと言って良いでしょう。

もちろん、下取り査定が可能だといってもキズだらけのクラブは問題になりません。

買う立場から考えても当前のことですが、中古とはいえキズだらけのクラブはいくら安くても購買意欲を刺激されないからです。

買い手のつかないクラブを買い取ってくれないのは道理で、中古として売ることを考えているのなら、使用キズ以外のキズをつけない気づかいが必要になります。

新品のゴルフクラブ

新品のゴルフクラブを販売しているショップはクラブの売れ行きが伸びず、近年は異常とも言える状況のようです。アベノミクスはどうなっているのでしょうか。

新しく販売されるモデルの数も減少傾向にあるようです。メーカー側の戦略なのかニューモデルが減少していることと人気の高いシリーズのゴルフクラブが減っていることが原因と言われています。

新品市場での売り上げ減少の影響は、当然中古市場にも及んできて買取に来るお客も少なくなるため、新品市場の衰退に呼応して中古市場も落ち込んだ状態になっています。

ゴルフクラブ自体が売れない、中古の回転率が悪いということは中古ショップを利用する人にも少なからず悪影響を与えていることでしょう。

クラブの売り上げ状況にかかわらず、ショップが費やす固定費の部分(家賃や人件費といった必要経費)は元のままです。

それによって、最近はショップが粗利を上げる目的で、以前よりも安く買い取って高く販売するというケースが目立ってきています。つまりは、我々がクラブを買取してもらう際の価格が下がっているわけです。

以前の中古クラブ市場は、人気のある売れ筋モデルで粗利率を下げて回転率をアップすることで利益を得、不人気のモデルは粗利率を上げて売れ行きの悪さを補うというような商売をしていました。

しかし、今は人気の高いゴルフクラブも粗利率を上げざるをえない状態だと言われています。

中古ゴルフショツプ意外のクラプ売買手段

スポンサード リンク



中古ゴルフショップだけが中古クラブの売買をしている思うのはもはや時代遅れと言えるでしょう。

中古のゴルフクラブもインターネットを活用することで今までとは異なる売買がなされるようになってきています。

例えば、有名なヤフーなどのネットオークションもその一つでしょう。また、店舗を構えずに、商品は倉庫で一括管理して通販のみで営業する倉庫型の中古ゴルフクラブ通販もあります。

最近では、中古ショップやゴルフクラブ工房といったところが代行してオークションに出品してくれるという中古ゴルフクラブの代行販売などのケースもあります。

それぞれ利益の出し方に違いがあるため単純には比較できませんが、既存の中古ショップと比較すれば店舗の維持費などが価格に影響されないぶん、ユーザーにとって有利な売買ができると考えても不思議ではないでしょう。

また、中古クラブの買取してくれる期限もこれらの売買形態のほうが比較的長い傾向があります。クラブの状態にかかわらず経過年数を理由にしてショップでは買取りしてくれないモデルでも買い取ってくれることもあるようです。

こうした点を考慮すれば、クラブを売る側には有利な面があることは確かでしょう。うまく中古クラブの活用法を検討するなら、さまざまな方法でチャレンジしてみる価値はあるでしょう。

スポンサード リンク

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ